vino con vino

フランコ独裁政権とその後

e0199172_14203557.jpg

アンダルシアを南下する電車に乗ると、
畑のど真ん中に「牛」の看板が見えてきます。

エル・プエルトにあるオズボルネのシンボルマークです。




スペインは情熱の国、
人々は自由で生きる喜びに満ちているイメージがありますが、

スペイン国民は1975年までフランコの独裁政権下、
完全服従を強いられ、文化・言語などに対して
非常に厳しい弾圧を受けていました。

悲しすぎる時代です。


もちろんシェリー業界も大不振に陥ります。


でも、やがて企業たちは果敢に立ちあがりました。
オズボルネ社も会社のイメージアップを願い
「牛のトレードマーク」を完成させるのです。

36年もの独裁政権を耐え、
スペインが民主主義体制に移行したのはフランコ没後。

その後のめざましい発展ぶりは「スペインの奇跡」と呼ばれました。



今となってみれば、スペインが抑圧され、
発言の自由もなかったなんて信じられない。


今の幸せが、悲しみの上に積み上げられたものだってことを
スペインのおじいちゃん、おばあちゃんたちは知っています。


日本にも本当の笑顔がやってきますように。


e0199172_12104142.jpg

[PR]
by stellabird | 2011-05-19 21:19 | シェリー