vino con vino

カテゴリ:シェリー( 19 )

ミネバル

マラガで修行したミネさんが
神泉にお店をオープン!

本格スペイン料理「ミネバル」


大人っぽいインテリア。雰囲気ばつぐん。
でもなんと言ってもお料理がサイコー!


e0199172_22283599.jpg

白レバーのペーストは
メレンゲみたいにふわふわです♪



今回は女子会に利用させていただきました。


いつも思うのですが

女子会って男性がいる時より
酒量が多い。。。


わたしのまわりに
パワフル女子が多いせいなのかしら023.gif


お料理もシェリーもたらふく頂きました!



またおじゃましまーす♪
[PR]
by stellabird | 2011-10-26 12:15 | シェリー

わたしの6月

梅雨に飲みたいカクテルと言えば
一番人気はモヒートかな。

フレッシュミントと炭酸が
ゆううつもはらってくれます。


わたしの一番はバンブー。

e0199172_228588.jpg

ドライシェリー、ドライベルモットとオレンジビター


すっきり透明大人のカルピス!

と呼んでますけど、このコピーどうでしょうか?(自信あり。)



e0199172_15334135.jpg




わたしの6月は、

甥が産まれたり
伯母が亡くなったり
大切な人の命日だったり

なんだかいろいろありました。




人との結びつきを通じて
過去と未来がつながってゆくような

どこか懐かしいような
自分の一部を再確認するような

そんな一カ月になりました。
[PR]
by stellabird | 2011-06-28 18:25 | シェリー

わおー!

e0199172_19295433.jpg



ラス・メダージャス!

お誕生日プレゼントに頂きましたー!!


うれしーい♪ありがとー



アルグエソ行きましたねー。


e0199172_19334974.jpg
e0199172_19335781.jpg
e0199172_1934231.jpg


最後のはベネンシアの原型。
竹に似た植物でつくられた昔ながらのベネンシアを試すMさん。




アルグエソのある街、サンルーカル・デ・バラメダは
大西洋の風が吹き込む海沿いの街。

海と市場と教会とボデガ。
こじんまりした素敵な街です。


サンルーカルに行ったら
BARで熱々のイカフライをつまみながら、
キンキンに冷えたマンサニージャを飲む。

それが楽しみです~



ところで私、いつもカラマルcalamar(イカ)と
カマレロcamarero(ウェイター)を間違えていました。


カマレロ・フリトス(イカフライのつもり)と頼んで
ウェイターさんを震え上がらせたことあります。ふふっ


もう少し暑くなったら
おうちでイカフライとマンサニージャを楽しむことにします♪
[PR]
by stellabird | 2011-06-12 19:42 | シェリー

フランコ独裁政権とその後

e0199172_14203557.jpg

アンダルシアを南下する電車に乗ると、
畑のど真ん中に「牛」の看板が見えてきます。

エル・プエルトにあるオズボルネのシンボルマークです。




スペインは情熱の国、
人々は自由で生きる喜びに満ちているイメージがありますが、

スペイン国民は1975年までフランコの独裁政権下、
完全服従を強いられ、文化・言語などに対して
非常に厳しい弾圧を受けていました。

悲しすぎる時代です。


もちろんシェリー業界も大不振に陥ります。


でも、やがて企業たちは果敢に立ちあがりました。
オズボルネ社も会社のイメージアップを願い
「牛のトレードマーク」を完成させるのです。

36年もの独裁政権を耐え、
スペインが民主主義体制に移行したのはフランコ没後。

その後のめざましい発展ぶりは「スペインの奇跡」と呼ばれました。



今となってみれば、スペインが抑圧され、
発言の自由もなかったなんて信じられない。


今の幸せが、悲しみの上に積み上げられたものだってことを
スペインのおじいちゃん、おばあちゃんたちは知っています。


日本にも本当の笑顔がやってきますように。


e0199172_12104142.jpg

[PR]
by stellabird | 2011-05-19 21:19 | シェリー

シェフスペシャル del invierno

銀座オジャリアの峯シェフが作る
スペイン料理とシェリーのマリアージュを楽しむ会。
冬の企画に行ってきました。

前回、秋の会が開催されたのはまだ猛暑の続く9月でした。
暑い~暑い~、、、とうなだれながら銀座の街を歩いていたのに
今回は極寒。耳が凍る(震)



秋は食材の宝庫と言われますが、冬も宝物がいっぱい。
北の海から届く、カニ、牡蠣、フグ、あんこう
土の中で甘く育った白菜、葱、大根、かぶ......etc

シェフもたくさんの冬の味を準備してくださいました!



しかし、写真を整理しながら毎回思うのが
「こんなに食べたっけ・・・」

全部残さず食べてるんですけどね。笑


食欲があればだいたい元気。と言うことで。
今年もたくさん食べます!



=La Carta=

1. 茄子とカリカリチーズのボカディージョ。チーズはマンチェゴ。
2. 千寿葱のポタージュ。焼きパプリカとモスカテルビネガー添え。
3. サーモンのパイ包み。ドライトマトと牡蠣のコンフィ。
4. 白子のフリット。大麦のリゾット添え。
5. 牛ほほの赤ワイン煮
6. アンコウとアサリのパエリア

あれ、デザート何だっけ・・・


e0199172_15462288.jpg

e0199172_1546374.jpg
e0199172_15465168.jpg
e0199172_1547554.jpg
e0199172_15471558.jpg
e0199172_1547224.jpg
e0199172_15473449.jpg
e0199172_15474049.jpg

[PR]
by stellabird | 2011-01-13 23:32 | シェリー

バイレン

DVDに「おまかせ録画」という機能がついていたので
好奇心から「ON」にしてみたところ、

地デジ、BS、あっちこっちの「スペイン」と名前のつく番組が
たくさん撮りだめされていました。すごい機能だった(汗)

今の悩みは見る時間がないことですが、
ちょっとずつ暇を見つけて見て行こうかと思っています。

e0199172_15334135.jpg



牛のトレードマークの「オズボルネ」に
「バイレン」と言う名のシェリーがあります。

「バイレン」は、スペインはコルドバ近郊の地名、
19世紀初頭の独立戦争で、ナポレオン軍と激突した場所。

ナポレオン軍はバイレンの戦いで初めての敗戦を味わいました。


フランスの最強軍団がなぜ負けたか。
そこには想像を絶するスペインの夏の暑さがあったからだと言われています。

「スペインのフライパン」と呼ばれる強烈な炎天下。
フランス軍には想像の範囲外だったのかもしれません。


e0199172_0154561.jpg

向かって右がバイレン。

オズボルネのシェリーには
勝利をもたらした「バイレン」の名前がつけられました。

「勝利」の意味がこめられたオロロソですが
甘い勝利に酔う、と言うよりも
現実を直視する強さを感じます。

つまりドライです。カッコよく言ってみた♪
[PR]
by stellabird | 2010-12-16 18:53 | シェリー

征夷大将軍とシェリー

12月になっちゃいましたね!(驚)
忘年会のお誘いがどんどこ入って来ています。
ありがたいです!

今年もおいしいお酒を飲んで締めくくりましょう♪


e0199172_15334135.jpg



「江戸時代にシェリーは日本に来ていた」からスピンアウトなんですけど.....

オズボルネと秀忠、幕末、どこに行こうかな、と考えて

e0199172_15443652.jpg


秀忠さま♪


「1611年シェリーで乾杯した」と記録されている徳川秀忠です。


龍馬伝の次は「江 姫たちの戦国」ですね!


「江」と言う女性は波瀾の人生で有名な人ですが、
3度目の結婚で徳川家康の息子、徳川秀忠に嫁ぎます。


この秀忠と言う人はどんな人だったの???

Googleで検索すると、
律義、地味、遅刻、恐妻家・・
と戦国武将らしからぬワードが次々出てきて面白いです。


大河ドラマでは向井理さんが秀忠役を演じます。
げげげに引き続き、抜擢ですね~。NHKの社員みたいですね~。


今をときめく向井理さんなので、
しょぼい秀忠には絶対にならないと思います。

政治手腕に長けていたところが強調されるか
スウィートな愛妻家として描かれるか




向井さん、「シェリーで乾杯」のシーンもお願いします!!(切望)
[PR]
by stellabird | 2010-12-01 15:52 | シェリー

幕末とシェリー

実はまだ龍馬伝の最終回見てないんです~
待って待って~!


e0199172_12574759.jpg



スペインと言えば有名な「牛」のマーク。
このトレードマークを完成させたのは「オズボルネ」と言う
エル・プエルトにあるシェリーの会社です。


広い広いオリーブ畑に立てられた牛を見ると
「アンダルシアに来たな~」と言う気持ちになります。



日本に初めてやって来たシェリーは
オズボルネのものだったそうです。

1611年、日本史にシェリーが初登場します。
徳川秀忠がシェリーで乾杯したと記録に残っていますが、
(秀忠は江と結婚したので来年の大河はシェリーが出てくるかも?!)

その後は鎖国令のため陰をひそめてしまいます。


輸入が再開されたのは、龍馬の時代、江戸末期でした。



e0199172_12575654.jpg
(挿絵:横浜市港湾局のWebより拝借)



安政5年に結ばれた「日米修好通商条約」後、
次々と外国船が日本にやってきました。

シェリーもイギリスを経由してどんぶらこ。
横浜港にたどりつきます。


でも、当時の人は、舶来品がやって来る喜びよりも
恐れや不安を抱いたのではないかと思います。


龍馬伝では、
久坂玄瑞がこの条約が、いかに不平等なものであるかを
おまんじゅうを使って簡潔に説明するシーンがありました。


日本に不利な条約を結ばざるを得なかった幕府に対しての
民衆の怒りが爆発し、討幕活動が全国に広がってゆきます。


歴史には、志士たちの意思があり、戦いがあり、
そして今の日本へ続いていることを
龍馬伝は描いていました。




最終回見ようかなどうしようかな。
見ないわけにはいかないんだけど、ああもう絶対寂しいんだ(涙)
[PR]
by stellabird | 2010-11-29 19:01 | シェリー

スペインの景色

今日は能登さんのカンテを聴きに
エルフラメンコに行ってきました。

能登さんとはじめて会ったのはスペインでした。
だから今日もあの頃のスペインをなつかしく思い出してしまいます。


e0199172_0304792.jpg



シェリーをおいしいな、と思っていたけれど
最後のひと押しはグティエレス・コロシアの
「サングレイ・トラバハデーロ」でした。

「血と労働者」というおどろおどろしい名前のシェリーは
名前に反してとても繊細な味をしています。

稲妻を受けた私は、シェリー一筋になりました。


e0199172_11293814.jpg



スペインに行った目的のひとつは
ボデガ・グティエレス・コロシアを訪れることでした。

グアダレーテ河のほとりに建つ
この小さなボデガに一人立った時、
私はやたらと興奮していました。
今思えば奇妙な東洋人だったと思います。

ボデガの中をぐるっと見学させてもらって
5種類のシェリーを試飲。
川から吹き込む風と、ボデガに充満する湿気が
シェリーをより特別なものに感じさせました。

この時ほど「夢を叶えるのは行動力」と
思ったことはなかった。

ますますコロシアのファンになった私はそれからほぼ毎日、
空のペットボトルを持ってコロシア・フィノを買いに行きました。


e0199172_11305658.jpg



今だにコロシアのファンではあるけれど、
実は何がそんなに好きなのか、よくわかりません。

ただ今でも、コロシアの前を流れるグアダレーテ河を思う時、
カディスの海に流れ込む、あの輝きを思い出すたびに鳥肌がたつのです。

もしかすると、スペインとかシェリーとか飛び越えたところに
私の心は反応しているのかもしれない。


e0199172_1133239.jpg



能登さんは、相変わらずウトレラあたりのヒターノにしか興味がないようで
歌声はますます深みを帯びていたように聞こえました。

彼女もまた、私のグアダレーテのような、
人には説明できない景色を持っているのだと思います。

そんなことを考えた帰り道でした。
[PR]
by stellabird | 2010-11-18 00:30 | シェリー

マスカットのシェリー

久しぶりの雨です。

朝日まぶしい1日の始まりだったのに
いつの間にかぐんぐん雨雲が押し寄せてきました。

すっごく寒い(震)

さっさと仕事を切り上げて、
焼酎のお湯割りで温まっています。




以前、シェリーについて

・ヘレス
・エル・プエルト
・サンルーカル

の3地域で造られるものがシェリーと名乗れると書きましたが、

原産地呼称にはチピオナ、トレブヘナ、ロタ、プエルト・レアル、
チクラナ・デ・ラ・フロンテラ、レブリハの畑も含みます。



サンルーカルからほど近い「チピオナ」という街は、
モスカテルの産地として有名です。

モスカテルとはスペイン語で「マスカット」
瑞々しくとても甘いブドウです。

そしてその甘いブドウから造られるデザートシェリーが
「モスカテル・デ・チピオナ」

e0199172_21331350.jpg



食後にちょっとだけ飲むと
あま~い しあわせ~

溶けそうになります♪




e0199172_11273072.jpg


チピオナはサンセットと灯台の街。
大西洋から吹き下ろす風に抱かれて、モスカテルはすくすく育ちます。





うがががっスペイン行きたいっ!!
[PR]
by stellabird | 2010-11-15 22:00 | シェリー